読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSS版droneで快適オンプレCI

OSS版drone をソースからビルドして自前サーバで稼働し、GitHub Enterprise (バージョン11) のprivate repogitoryでCIしました。

CentOS 6.5上に構築してます。現在のdroneはCentOS 6.xはサポート対象外という噂ですが、以下の手順でとりあえず問題なく動作します。

droneのバージョンは、2015/12/02 時点でのmasterブランチのHEADのもの使ってます。

セットアップの手順と、GH:E 11 x private repoならではのハマりどころに対するworkaroundを書きます。

droneを使った感想は、オンプレ版Travis CIみたいで控えめに言って最高といったところです。

dockerインストールと動作確認

http://qiita.com/kajitack/items/776437138630d2f4d763 通り。

sudo rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

sudo yum update
sudo yum -y remove docker
sudo yum -y install docker-io
sudo service docker start
sudo chkconfig docker on

sudo docker pull centos
sudo docker images centos
sudo docker run -i -t centos /bin/bash  # ゲストOSへ入ってみる
exit

Go 1.5 のセットアップ

droneはGo製で、1.5からのvendoring使ってるので。

wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.5.1.linux-amd64.tar.gz

tar xvf go1.5.1.linux-amd64.tar.gz

mv go goroot

mikdir gopath

# ~/.bashrcに追記
# Go
export GOROOT=$HOME/goroot
export GOPATH=$HOME/gopath
export PATH=$GOPATH/bin:$GOROOT/bin:$PATH

droneのビルド

gitインストール

yum install -y git

gccのアップグレード

CentOS 6.5の gcc 4.4.7だと、droneの依存ライブラリのlibsassがコンパイルエラーになる。 http://abyssluke.hatenablog.com/entry/2014/07/07/202702 を参考にgccをアップグレード。

wget http://people.centos.org/tru/devtools-2/devtools-2.repo -O /etc/yum.repos.d/devtools-2.repo
sudo yum install devtoolset-2-gcc devtoolset-2-binutils
sudo yum install devtoolset-2-gcc-c++ devtoolset-2-gcc-gfortran

/opt/rh/devtoolset-2/root/usr/bin/gcc --version

droneビルド

git clone git://github.com/drone/drone.git $GOPATH/src/github.com/drone/drone
cd $GOPATH/src/github.com/drone/drone

git log |head -n1
commit 69f5d90fd3076fe0d3db0d342e818a0800477fcd

make deps    # Download required dependencies

scl enable devtoolset-2 bash  # 新しいg++じゃないとsassのビルドに失敗する
sudo ./contrib/setup-sassc.sh
sudo ./contrib/setup-sqlite.sh

export GO15VENDOREXPERIMENT=1
make gen     # Generate code
make build   # Build the binary

dronercを設定してブラウザでアクセス

http://qiita.com/sonots/items/71da7797139aab7c28d1 を参考に。

https://github.dena.jp/settings/applications/new

で、CI回したい対象のレポジトリにアクセス権のあるuser/organizationでdroneアプリを登録しておく。

dronerc を編集。 (ネットには drone.toml での設定情報が多いが、最近は dronerc に移行中らしい)

vim /etc/drone/dronerc


#!/bin/bash

# server configuration

SERVER_ADDR=":80"
#SERVER_CERT=""
#SERVER_KEY=""

# database configuration

DATABASE_DRIVER="sqlite3"
DATABASE_CONFIG="/var/lib/drone/drone.sqlite"

# remote configuration
REMOTE_DRIVER="github"
REMOTE_CONFIG="https://github.dena.jp?client_id=xxxxxxxxxxxxx&client_secret=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx&private_mode=true&open=true&ssh=true"
## private_mode=true : private repo を扱う
## ssh=true : `git fetch` するときに、private repoのhttpsだとUsernameやPassword入力を求められてしまうので、それを回避

# docker configuration

DOCKER_HOST="unix:///var/run/docker.sock"
#DOCKER_CERT=""
#DOCKER_KEY=""
#DOCKER_CA=""

# plugin configuration

PLUGIN_FILTER="plugins/*"

droneを立ち上げてみる。

sudo $GOPATH/src/github.com/drone/drone/drone --config=/etc/drone/dronerc

localhostから http://DRONE_HOST:80 へアクセスし、ログインしてOAuthも突破。

注意: REMOTE_CONFIGssh=true は、GH:E 11を使用しているなら本質的に重要です。GH:E 11 だと、初回起動より前にこのオプションをつけていなければ git fetch に失敗してテストが進行しません。もしも先に起動してしまったら、 /var/lib/drone/drone.sqlite を一度消しましょう。

という話をbradrydzewski氏に教えていただいた

droneをデーモンとして動かす

sudo vim /etc/init.d/drone


#!/bin/bash
#
# chkconfig: 2345 85 15
# description: drone - a CI service.

## http://qiita.com/volanja/items/383fcd6d2d2e14792723 を見て書いた

. /etc/rc.d/init.d/functions

prog="drone"
APP_ROOT=$HOME/gopath/src/github.com/drone/drone
APP_USER="root"
conf=/etc/drone/dronerc
lockfile="/var/lock/subsys/${prog}"
logfile="/var/log/${prog}.log"
CMD="${APP_ROOT}/drone --config=${conf} &"
action="$1"
RETVAL=0

cd ${APP_ROOT} || exit 1

start(){
  echo -n $"Starting $prog: "
  daemon --user=${APP_USER} "cd ${APP_ROOT} && ${CMD}" > $logfile 2>&1
  RETVAL=$?
  [ $RETVAL -eq 0 ] && touch $lockfile
  echo
}

stop(){
  echo -n $"Stopping $prog: "
  killproc ${prog}
  RETVAL=$?
  if [ $RETVAL = 0 ]; then
    rm -f ${lockfile}
    success $"$prog stop"
  else
    failure $"$prog stop"
  fi
  echo
}

rh_status() {
    status ${prog}
}

case $action in
start)
  start
  ;;
stop)
  stop
  ;;
status)
  rh_status
  ;;
restart)
  stop
  sleep 2
  start
  ;;
*)
  echo >&2 "Usage: $0 <start|stop|restart|status>"
  exit 1
  ;;
esac
exit 0
sudo chkconfig --add drone

あとは...

普通にレポジトリを有効化して、レポジトリ.drone.yml を追加して、ブランチpushすればテストが走る。 travisみたいな感じ。

おまけ: .drone.yml の例

C++製のライブラリと、そのGoバインディングのテストを走らす設定。

build:
  image: drone/golang:1.5
  commands:
    # https://github.com/google/googletest を引っ張ってくる
    - git submodule init
    - git submodule update

    # drone/golang:1.5 は割とミニマムなので、インクルードヘッダの入ったパッケージを取得可能にする
    - echo 'deb-src http://httpredir.debian.org/debian jessie main' >> /etc/apt/sources.list
    - apt-get update
    - apt-get install zlib1g-dev

    - wget -q https://cmake.org/files/v3.3/cmake-3.3.0-Linux-x86_64.tar.gz
    - tar xf cmake-3.3.0-Linux-x86_64.tar.gz
    - cmake-3.3.0-Linux-x86_64/bin/cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Debug .
    - make -j4 VERBOSE=1 mytest
    - ./test/mytest

    - go test -x -v